- 岡沢じゅんWEB -


月別による過去のブログアーカイブのページです。








Monthly Archives

しんしゅんかんさい、ふつかめ   February 13, 2013



2013.01.15

あさおきて、ひるまえ、かな。ぜんじつは、えと、流れでタカギくんちに泊めてもらいました。初対面。そこにいた4人、写真を撮っているペータくんと、おなじく写真を撮ってるらしいパクチーと、歌い手のてるちゃんと、ぼくで新世界(新今宮)へ。パクチーがシェアハウスに忘れてきてしまった本をとりに。パクチーは、新幹線に乗ってカオカオでのライブを観にきてくれてた。天気がすごくよくって、ひなたぼっこしたいねー、と、てるちゃん。あ、じゃあ、といってペータくんの友達の家へ。行ってみるとそこは公園だった。グラウンドのそばに建てられたその青いビニールのおうちはひどく格好良くって、ぼくは感嘆しながら、金網に引っ掛けられている道具たちやオブジェなんかを眺めた。みんなで発泡酒を飲んだり、話をしたり。彼は年明けから2週間くらいご飯を何も食べてないらしく、お腹が空かないんだそうだった。だから、ぼく、年明けてからはトイレの小さいほうしか行ってない、出ないから、とか。不思議だねー、とか、まあ、出たほうがもっと不思議だけど、とか。ペータくんはとにかく、写真を撮りまくる。ぱしゃぱしゃぱしゃしゃしゃ。音楽の話になって、彼が太陽電池で充電したDVDプレーヤーでビートルズの映像を観たりもした。「じゅんくん、一曲やってよ」とペータくんが言うので、スープのあとに、を歌った。こんな場面でこの曲を歌うなんて、、しかもちょうど夕暮れ時で、歌いながら、まるでこの時のためにあつらえてあったような、そんな気がした。少しずつ太陽は沈んでいって 、ぼくの気持ちはどこまでも届いてるみたいだった。「ぼく、ちょっと余裕があるので、これから飲みにいきませんか」と彼が言ってくれて、途中から加わっていた学校の先生もいっしょに 西成のスナックに。あ、ギブミーベジタブル主催してる池田社長も途中から来たんだった。

結局、飲み代は先生が出したらしい、さんざんカラオケや歌って彼はいつのまにか先に帰っていた。「彼はああいう人だから」と先生はいう。歩いて三角公園にたどりつくと、火を焚いていて、僕らは吸い寄せられるようにして、近付いた。そこの公園にはたくさんの人が住んでいて、仲間意識があるのか、すごく怪訝な顔をされたけれど、「静かにしとったら何も言わんから、な、」とか、眼は優しかった。狂ってるみたいだったけど。先生が長みたいな人に話を取り付けて、また歌うことに。ペータくんは仕事だったんだけど、いま絶対撮らなきゃいけない場面だから、遅れていきますとか、上司に電話したらしく、ぱしゃぱしゃしてた。パクチーはパクチーで、東京に帰る予定と友達との約束をすっぽかしてそこに立ち会っていた。現場としては本物で、ぼくはこういう場所にこそ音楽があったほうがいいと思ったし、とても一生懸命に歌った。3曲目くらいでとめられて、でもいつものロックの途中で、これ、最後のフレーズ、歌いたいと思って、途中でやめれんくて、怒らせてしまったりした。公園に住んでる人達はそれはそれで、周りのマンションの人たちのことを気にして生きてるみたい。僕はそんなの許せなくて、そんなやつらも、僕らだって、みんないっしょだ、変わらず生きてて、そんなことが悔しくって演奏をやめるわけにはいかなくって。結局とちゅうでやめて、謝って、また絶対くるからと言って。フラットにする力、それが音楽だと思ってるし。かかってこい、警察でもなんでも、人殺しでも、ぼくは屈しない、みんな一緒だってこと伝えてやる、とかの気持ちがぐるぐるしちゃって、悔しくって。

夜は池田社長の事務所に泊まった。あとでペータくんがやってきて、また飲んだ。上司にこってりしぼられたらしい。イベントで配っていたというピンクローターをもらったけど、社長のところに忘れてきてしまった。

おやすみ、ピンクローター。
......................................................................
20130118   February 14, 2013


2013.01.18

ぼくの愛する、つまり、ぼくが好き勝手やらせてもらってる、珈琲じゅっぷんの、移転に伴う、イベント「じゅっぷんじゅっぷん」があった。これでしばらく、じゅっぷんの珈琲は飲み納め。よくわかんないな、じゅっぷんが好きな理由、なんて伝えよう。中華ともだちです、なんて。ははは。これからもたくさん遊びたいな。あしたの話?さあ、なんのことやら。

ビスコちゃん、渓さん、サダムさん、と一緒だった。写真はマドカとオクザキさんが作った舞台版の珈琲じゅっぷん。なにもかもが愛の結晶でありますよに。あ、愛の結晶だって、?なんとなくキラキラしたもの?そんなふうにみえるのか。みえるのねー。どこもかしこも。理由づけ?そうであってもべつにいいや。ハピちゃんにも会った 、バナナ揚げー。モノコトはステージ広くてやりやすかった、ある程度動いて踊れるほうが楽しい。唄って踊れる乞食に、ぼくはなる!

また会いましょう、バイバイ!
......................................................................
20130119白馬トラックスバー   February 14, 2013


2013.01.19
@白馬Tracks Bar

Jaajaとツアー、一日目。名古屋から乗っかっていって、塩尻手前のS.S.ていうドライブインでごはん。おれ、ここ好きー。スキーヤー。ツーステージ、3ステージぐらい演奏、はじめてコテージに泊まらせてもらった。
......................................................................
20130120   February 15, 2013


2013.01.20
@上田市ポポラーレ

朝起きて、葵ノが雪にビビっていて可愛かった。冷たすぎる雪に。白馬から上田市まで、車で2時間くらい。昨夜はけっこう滑っちゃって、車が、咲子さんに「デカイ二駆できちゃって」と言われたりしたので、怖かったけどなんとかなった。日本語おかしい、ね。おかしいのって、可笑しい。楽しい、ハブファン、トゥーマッチ、鼻血を出せばいいさ。赤と白で、なおいいさ。

夕方ころポポラーレについて、りょーたくんに久々会って、そいえば、お客さんもたくさんきてくれた。うれしかった。子供がきゃっきゃっと遊んでいて、上田はどこか、音楽の源泉みたいのがある気がした、というか、してるんだよね、よく来ちゃうし。好き。しかし葵ノがジャージャ然としてて、立派にお辞儀して、拍手を要求して、たまらんなーと思った。よいねよいね。アンコールはバンジョー弾いたよ。

夜は素敵な直井のヤスくんちに、またお泊まり。ヤスくんちは別所温泉の大湯のそばの小さな丘に似た山の上にあって、登っていくんだけど、ゆうにゃんがつるっつるで全然登れなくて、あわあわ、滑っていた。面白がれる世界、趣きってこういうこと。ワインを飲んで珈琲ももらって、うまいんだな、これが。素敵なんだな。

......................................................................

Calendar


Monthly Archives

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年


CD




rogo by kashi