- 岡沢じゅんWEB -


月別による過去のブログアーカイブのページです。








Monthly Archives

20130503   July 2, 2013


2013.05.03

京都Voxhallでライブ、いろんな人と対バンした。ソロで出たんだけれど、のぐっちゃんと哲夫くんにも当日参加してもらって、3曲くらい演奏した、たぶん、親指姫と茶色のジェームズと、ビューティフル。最後に演奏した倉内太とネイティブギターが、とてもよかった。

夜はみんなで3件くらいハシゴして飲んで、バイバイズの松井くんちにお泊まり。松井くんが10代の子にセクハラばっかりやる役をするので、ぼくはひたすら止める役をした。たのしかった。

......................................................................
20130504   July 2, 2013


2013.05.04

ブログおっつけないや。はっぴいずの時もそうだったな。

えと、5がつ4にち。松井くんちから、みんなで車で名古屋へ。高速を走りながら、運転してくれてた子がフラフラしてて、怖かった。ありがとう。

名古屋Party'zは栄にあって、ハンバーガーが美味しかった。また食べにゆきたい。美輪二郎さんという人と共演したんだけど、くみちゃんから電話がかかってきて、「美輪二郎いる?」とか言ってて、「公園で遊んでたらフリスビー当てちゃって、よく見たら美輪二郎だったから、謝っといてー。」と言った。「んー、わかった、はは」と言って、初対面なのに謝った。

みんなで和民に行くことになったので、ぼくらは西安に行った。ぜったいこっちのほうがいい。


......................................................................
20130506   July 10, 2013


2013.05.06-07

名古屋から鈍行を乗り継いで高円寺へ。距離はあるみたいで、たくさん時間がかかったようだ、リハーサルには間に合わなかったらしい。自分のことだけれど。途中、熱海あたりで、ゴールデンウィークだからか、家族連れなどが幸せそうで、なんとなしに、よかったと思った。

けっこういい加減な企画だったので、部屋は借りてあるのにぜんぜん使わなかったり、屋上でずっとバーベキューしてたり、古くからあるスタジオらしく、そこの屋上で歌った。にたないくんも来てくれたので歌ってもらった。

翌日は、にたないくんのレコーディングに参加しに、池袋にあるミュージックオルグというところへ。つくと、もうのぎちゃんは来ていて、僕はピアノを弾いたりしてセッションした。あとで本業の人が来たので代わってもらったけど。

いろいろ口を出したりして、面白かった。エンジニアに向いてると言われたことがあるけど、僕もそう思う。自分のことはちゃんと作らながちなのに。もっとも、そうしたいので、しかたがない。

......................................................................
20130508   July 19, 2013


2013.05.08

阿佐ヶ谷のよるのひるねでライブ。バロンくん、岡大介くんと。

前日の夜は和田堀公園近くの池田くんちでフライヤー作りをしてた。池田くんが変なことばかり言うので、いっこうにはかどらなかった。

昼頃起きて、パスタを茹でたりして、世界情勢を語って、それからバスで南阿佐ヶ谷のほうへ。いや、違ったかな。ちかてつだったかもしれない。途中の商店街でギターの弦を売ってるところを探してたら、酒屋さんがあった。瓶の蓋がいつもほしくて、酒屋があるといつも覗くんだけど、そこは外国のビールが豊富に揃っていて、夢の国みたいだった。一本だけ選んでから、ブラブラ阿佐ヶ谷のほうへ。あとで島崎さんと話した時に「めちゃ近所やでー」と言っていた。

バロンくんに久しぶりに会って、ほんと、福島で、バスに乗るところを見送った以来だからちょうど2年ぶりくらい、おすすめの焼き鳥屋で一杯やったりしてからライブした。ジョンジョンフェスティバルのトモスケくんもいっしょで、楽しく思った。

ハイコーフェスのえみっこちゃんが来てくれてて、東京に引っ越したそうで、ハイコー行けないかもだけど、と言っていたけど会えて嬉しく思いました。夜はノギちゃんとこ泊めてもらったと思う。んー、池田くんとこかも。

......................................................................
20130509   July 19, 2013


2013.05.09

新宿はゴールデン街のバーソワレでライブ。ゴールデン街ってどんなとこだろうと行ってみたら、あ、ここは、チカと来たことがあると思った。僕がまだ19歳くらいだったころ、イギリスから帰ってきてから当てもなくプラプラしていて、恵比寿に住んでる彼女の実家に居候してたんだけど、その時に何度か、通り抜けた。まだ全然ビールが美味しくなくて、スミノフとか、ジントニックとかを飲んでたころだ。ま、いいや。

しかし、池田くんがあまりにも鋼の錬金術師という漫画を勧めてくるので読みはじめたらハマってしまった。バーソワレには遅れて着いた。ノギちゃんごめん。馨くんに久しぶりに会う。りんご音楽祭ぶり。優しい店長でした。

せまい2階にだんだん人が増えてきて、盛り上がって面白かったので、鍵盤をガチャガチャ叩いたりした。下に降りた時に省念くんがいて、わー、久しぶりー、とか言って、セッションしたりもした。くるり辞めるって言ってて、まだ秘密やで、とか。結局みんなで終電を逃して、それでカラオケに行った、みんなで。馨くんも省念くんも、外国の人も。なぜか英語しばりになってしまって、ビートルズ歌ってみたけどダメだった。酔っ払って撃沈。

朝方の眩しい光の中でみんなと別れた。池田くんと池田くんちへ。朝はいいなと思う、鋼の錬金術師を読もうとしながら開いて死んだ。
......................................................................
20130510   July 21, 2013


2013.05.10

とてもとても楽しみにしてた日。ジョンクリアリーのライブを観に、横浜のサムズアップへ。横浜駅で、フレデリックを拾った、レオ=レオニの絵本の中のネズミ。

サムズアップに着くとライブはもう始まっていて、ギュウギュウのうしろのスタンディング席で周りの人を気にしつつ、缶ビールをたくさん飲んだ。

それにしてもリズムが凄すぎて、本当に感動した。言葉で伝えるのはムリがあるので、そこのところは省くとしても、ニューオーリンズの音楽って軽快で、楽天的で、どこをどう切り取っても楽しい音楽のはずなのにボロボロ涙が出てきちゃって、拭いながらステップを踏んだ。幸せ者だと思ったし、ああ、僕がやりたい音楽はこれだと思った。ドラムの1音1音に暮らしや心が乗っかっていて、あんな風にやりたいと心から思った。ジョンクリアリのピアノは圧巻で、しんじゃいたいくらい楽しかった。

ボガンボスの岡地さんに会って、ご機嫌だったし、いつも自分の言葉で喋るなあと思った。ニコニコしてて、友達になりたかった。終演後、いくちゃんに1万円あげるから観に行ったほうがいいとメールした。

ビールを飲み過ぎて、帰りの電車賃がなくなって、近くの友達の家まで行こうと思ったんだけど、その駅を眠って乗り過ごしてしまって、自転車で迎えにきてもらった。

本当に楽しかった。ぼくは音楽に久しぶりに触れたよ。
......................................................................
20130511   July 21, 2013


2013.05.11

死んだ弟の命日だった。なんとなく物思いにふけってみながら、靴職人のサブちゃんとこで、余った革でカバンを作らせてもらった。教えてもらいながら、全部自分で作ったよ。

近しい人を何度か亡くして、何度も何度も死について考えてたことがあった。死にものぐるいで生きてみたり、それは振りほどくように、近づくように、ぼくは死ぬということをわかりたいと思ったし、何か答えをみつけたかったんだと思う。弟が死んだころ、ぼくは悲しまなかった、なぜだったかはうまく思い出せない。残念な気持ちはあったけれど。潜ってみてもいいけど、その気がない。

ロマンチックソングという歌を書いたとき、ようやく僕は僕の死を乗り越えてしまった。ちょうど27歳になる前くらいにだ。サトルと車でツアーしながら夢を見て、それは僕のいない世界で、みんな楽しそうにやってる場面。僕は僕のいない世界も祝福したいと思った。死んでからも、生きてるあいだも。

心にはぽっかり穴があいていて、というよりも、ぽっかりあいた穴、それが心だから、そのトンネルを抜けるとみんな同じところに出る、そのトンネルは全部つながってるから、心は中にあるのか外にあるのか、どっちにもあるように、共感したり、ただ悲しかったりもするけど、でも、みんな幸せな方がいいの。

日曜日の気分ってある、なぜか日曜日に心が安らいでるのは、みんなの気分が入ってくるから。

僕なんかもういいんだ、僕だけが僕じゃないからね。みんなが楽しくないと楽しくないんだよ。それは本当にそうなんだ。

......................................................................
20130512   July 23, 2013


2013.05.12

西荻窪にある、西介という居酒屋でライブ。ノギちゃん、小田晃生くん、とあともうひとりの人、名前忘れちゃった、フォークの人、なんかよかった人。

あんまりお客さんはたくさんではなかったけれど、晃生くんに会えたし、カウンターの中の主人の娘さんがとても可愛かったので楽しかった。なんのこっちゃ。

誰だかが、娘さん可愛いって親父さんに言うと、親父さんはまんまるく、「あんな娘でよかったら貰ってやってください」などと言って、ぼくはとても愛情を感じました。僕らにも、娘さんにも。ラブ。

......................................................................
20130513   July 25, 2013


2013.05.13

いつもは関東にいくときノギちゃんにけっこう任せっきりなんだけど、それは僕が歌うと、一等よろこんでくれるのが彼だからだろうけど、心配もいつもしてくれてるし、ノギちゃんがいなかったら、東京にはあまり興味持ってなかったんじゃないかな、僕が思い浮かべる東京の人たちは、ノギちゃんの周りのみんなであることが多い、ま、置いておいて、ノギちゃんがもっともっと知ってもらいたいと思ってくれてて、だから、もっと他の人にも頼んでみてってことで、この日はコトリちゃんにお願いした日。国立の。

武蔵小金井にある日替わり店主の貸しスペース的店舗、サーハ日乾煉瓦にてライブ。月曜日担当はムオーンカフェさん。オープニング的に、コトリちゃんが歌ってくれて、そのあと、僕が歌った。えみっこちゃんがまた来てくれてて、それで、阿佐ヶ谷のときにコトリちゃんが来てくれてたので、なんだか仲良くなってた。

コトリちゃんは人気者だなあと思う。「じゅんくんはもうじゅんくんだから、これ以上伸びないけど、あたしはまだまだ可能性があるの」と言ってた、あはは!

写真のうしろのかざりはコトリちゃんが作ってくれたよ、ありがとう。

......................................................................
20130514   July 25, 2013


2013.05.14

この世界には、いくらお礼を言っても言っても言い切れないことばかり溢れてるとおもう、だから、好きなことやろうと思うの、それがきっと恩返しになるから。

さて、新宿LOFTでライブ、何度か移転はしてるみたいだけど、個人的には憧れのライブハウスでもあった。フジロッ久(仮)のフジちゃんがセッティングしてくれた、あ、そうだ、ロフトの人は、バーソワレに来てくれたんだった。ありがとうありがとう。

ロフトに入ったら、柴田聡子ちゃんがリハーサルしてた。遅れちゃった、ごめんなさい。

けっこうたくさんの人が出るイベントで、出番は20分くらいだったけど、僕のバンドか大音量だったので、なんとなくしっとりになっちゃった。でかいフロアで生音でライブしてた柴田聡子ちゃんがかっこよかったのと、フジちゃんがね、あー、自分に似てるなあと思って気持ちよかった。なるほどなあ、ふしぎ、だな。

そうそう、新宿ロフトっていったらね、こう、「やった!ロフトに出られるって!すげー!キャッキャッ」てなるようなハコだと思うんだけれど、そういう気持ちがなくなったころ、なんかもう、ただ歌えればいーや、なんて思えたころに、そいうの、巡ってくるんだなって、ふと、あれ、ロフトでライブするのかと思ってなんだか、きゅっとした。

あれー、なんだっけな、終電はとりあえず逃して、たしか、それで、歩いてノギちゃんちかな、たしか。なにか面白いことあったよな気がするけど、忘れた。自虐的に捉えたなら、大都会も面白い。そう思う、いいわるいもあるけど、価値観の次元てやつは無数のベクトルでできてて、なんとも。

パンクスが道路に唾を吐くのも、愛だとかおもえる今日この頃。

......................................................................
20130515   July 26, 2013


2013.05.16

お昼すぎっころ、国立へ。北口にあるアグレアブルミュゼというお店へ、今夜のライブ会場、素敵なお店、荷物を置かせてもらってから、コトリちゃんがご飯作ってくれるというので、コトリちゃんとこへ。近くまで迎えに来てもらう。

コトリちゃんの家なんだけど、こう、天蓋つきのベッドがある。彼女は好きなものに正直だ。楽しそうに見えるもの。予想を裏切って、とても美味しいご飯だった、ホットケーキかな、くらいに思ってたんだけど、麦ご飯と、か菜食料理だった。

ごはん食べてからまた、アグレへ。コトリちゃんとことお店は駅を挟んで反対側なのであった。

ライブは、最後にイマジンなんかをやって、フラも踊って、ユーミンもやりました。

終電に間に合いそうになくて、急いでたんだけど、なんかフラが終わらなくて出られなくって、逃した。「帰れなくなっちゃったね」とコトリちゃんが嬉しそうにいうので、なんとなく、歩いてでも帰ることにした。ごめんね。

武蔵小金井までの電車がまだあったので、それに乗って、そこから新中野を目指した。ノギちゃんにその旨を話すと、無理だって言ってたけど、歩いてみた。小金井っていうと、マーシーの歌にも出てくるし、いつも電車ですっ飛ばしてると、東京というものが見えてこないしで、いろいろ発見したりもした。ブルーベリー園もあったし、銀杏並木もあった。ずっと歩いたけど、なかなか中野につかなくて、吉祥寺についた頃には始発が動いてた。井の頭公園なんかも景色に見て、よい朝だった。ノギちゃんちにつくと、ノギちゃんの息子が、おかえりと言いたげにぴょこんと待っていた。おやすみ。

......................................................................

Calendar


Monthly Archives

2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年


CD




rogo by kashi